会社案内

代表挨拶

会社における百錬成鋼 
― ひゃくれんせいこう ―

山尾熔接所は、1949年(昭和24年)の創業以来、薄板小物の溶接を主軸とし、加工部品や組立作業により、自動車や鉄道、空調機、船舶、ポンプ、半導体関連など、幅広い産業のモノづくりに携わってまいりました。

結果として、新しいことへのチャレンジは、大きなリスクも背負う反面、乗り越えるプロセスが経験・知識・技術力となり、当社の強みに変わっていったと感じています。

これからも当社は、多様化するモノづくりの流れに挑み、その先のステージへ歩みを進めます。

姫路の町工場から、世界で活躍するモノづくりを

社会に必要とされる喜びを、社員たちと分かち合いながら、今後もモノづくりに邁進してまいります。

代表取締役社長 山尾 茂幸

会社概要

会社名称
有限会社 山尾熔接所
本社所在地
〒670-0836 兵庫県姫路市神屋町2丁目59番地
花田工場
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田519番地1
TEL:079-251-1212
FAX:079-251-1213
建屋面積
2050m²
敷地面積
6788m²
創 業
昭和24年1月
設 立
昭和43年1月
資本金
300万円
代表者名
代表取締役 山尾 茂幸
従業員
31名(2019年10月現在)
主要生産品目
大型空調機用配管(SUS,SGP)
半導体ウェハー検査装置用部材(SS,SUS,AL)
鉄道車両用装置(SS,STKM)
モーター、ポンプ用部品(SS,SUS)
取引銀行
(順不同)
伊予銀行 姫路支店
姫路信用金庫 東支店

ロゴマークについて

コーポレートカラーである橙色を基調に、山尾熔接所(YamaoWelding)の頭文字YとWを取り、繋げることで溶接をイメージしました。
また、その周りにある輪ですが、あえて二重の円(=ご縁)にすることで、取引先はじめ、協力企業、社員に寄りそう姿勢、また一期一会を大切にしたい思いが込められています。

会社沿革

1949年4月
山尾 勇(茂幸の祖父)が姫路市神屋町2丁目4番地にて創業
1968年1月
有限会社山尾熔接所 設立
山尾 勇 代表取締役就任
姫路市神屋町2丁目4番地より2丁目59番地-3に移転
1981年
姫路市神屋町2丁目59番地-5 工場建設
1982年
姫路市神屋町2丁目59番地-3 工場増設
1983年6月
山尾 茂幸 代表取締役就任
2014年2月
エコアクション21認証取得
2015年9月
姫路市花田町加納原田519-1 工場建設
2016年12月
姫路市花田町加納原田520 工場建設用地取得
2017年7月
姫路市花田町加納原田521 工場建設用地取得

有資格者一覧(2019年10月現在)

資格・等級 人数
溶接管理技術者 2級 1名
非破壊検査PT 2級 1名
TN-F(基本級 TIG下向き) 4名
TN-P(専門級 TIGパイプ) 2名
A-2F(基本級 手棒下向き 炭素鋼中板) 1名
A-3F(基本級 手棒下向き 炭素鋼厚板) 1名
SN-1F(基本級 半自動下向き 炭素鋼板薄板当て金なし) 1名
SN-2F(基本級 半自動下向き 炭素鋼板中板当て金なし) 3名
SA-2F(基本級 半自動下向き 炭素鋼板中板当て金あり) 2名
SA-2V(専門級 半自動立向き 炭素鋼板中板当て金あり) 1名
FA-Cu(基本級 ろう付け銅板) 3名

アクセスマップ

お車でお越しの場合
播但連絡有料道路 「花田」IC 5分
電車でお越しの場合
最寄駅 JR「御着」駅 タクシー 10分
バスでお越しの場合
神姫バス「自動車学校」停留所 徒歩 10分